日本の下水道の歴史

日本の下水道
  
日本の下水道は豊臣秀吉が1583年に大阪城築城に伴い整備したのが始まりです。


太閤下水と呼ばれ今も現役の下水であるから驚きです。

その300年以上の月日が経過し1900年に旧下水道法が制定されました。


日本最初の下水処理場は1923年に東京三河島に作られた汚水処分工場です。
 *現在の三河島水再生センター


東京三河島汚水処分工場では標準散水ろ床法を採用しています。


日本最初の散気式活性汚泥法処理場は1930年に名古屋市堀留処理場と
熱田処理場が運転開始しました。


1934年には岐阜市で日本最初の分流式下水道が事業着手しスタート。

1960年頃に日本の下水道事情が大きく変わってくるのでした。


かつては糞尿は農業の肥料として農村に還元されていましたが、
日本の高度成長期と共に化学肥料が増産され、農村還元できない余剰ふん尿が急増しました。


そこで日本国内でし尿処理施設の建設が急速に進められることとなったのでありました。


1972年には大阪府寝屋川流域下水道にて、日本初の流域下水道の工事が着手されました。


その後1980年には下水普及率が日本全国で3割を超え、21世紀を迎えた2001年には
下水道普及率は6割を超えたのでした。


2006年3月現在の下水道普及率は69.3%となっています。