下水道の役割

下水道の役割

1、公共用水域の水質保全

生活雑排水などが処理されないまま、川や湖に流れ込むと水質が悪化します。

そうすると川や湖から悪臭がしたり、魚が住めなくなったりしてしまうのです。

下水道は汚水を浄化して公共用水域に戻しますから水質環境の改善に非常に役立っています。

2、生活環境の改善

生活または生産活動に伴って発生する汚水が、住宅付近に滞留してしまうと

・悪臭
・ハエや蚊の発生

の原因となります。

それだけでなく、伝染病発生の可能性も高くなってしまうことが懸念されるのです。

下水道を整備することによって、汚水は速やかに適切に排除され、周辺の環境が向上することで快適な生活が保たれます。

3、下水道資源及び施設の有効利用

下水道は、処理水、汚泥、熱等の多くの利用可能な資源・エネルギーを持っています。

それらを再利用することによって、省エネ・リサイクル社会の実現に向けて大きな役割を果たしています。

また、下水処理場・ポンプ場の上部を公園等に利用したり、下水管に光ファーバーを巡らせて情報伝達に活用するなど、施設の有効利用が可能となっています。

4、浸水被害の防除

急速に市街化が進んだ地区では、雨水の浸透や貯水能力が低下してしまいます。

そのことは各地で浸水被害を発生させること原因となります。

下水道は河川、水路と共に雨水の排除のための重量な役割を担い浸水被害から町を守ります。

5、便所の水洗化

下水道が整備されると、従来の汲み取り式の便所に変わって、快適で衛生的な水洗便所が利用できるようになります。