9月10日は下水道の日

9月10日は下水道の日です。


下水道の日についてちょっと調べてみました。


下水道の日は1961年9月10日を「全国下水道促進デー」としたことからスタートします。


下水道の日は、1961年当時下水道普及率6%と世界に比較して著しく遅れている
日本の下水道の全国的な普及を促進するために「全国下水道促進デー」としてスタートしました。


全国的に下水道普及の必要性を促進するため、当時の下水道を所管していた
建設省(現国土交通省)と、厚生省(現環境省所管変更)と本会の前身団体が
協議して「全国下水道促進デー」として始まったのです。



■9月10日に定められた理由は?
9月10日と定めら理由としては、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」が挙げられます。


雨水と言えば日本では台風ですね。


その台風と関連して、立春から数えて台風シーズンである210日を過ぎた220日が
適当であるとされたことで毎年9月10日が下水道の日と設定されたのでした。


また、「全国下水道促進デー」として親しまれていた名称ですが、
日本近代下水道の原点である旧下水道法が制定された1900年から100年が経過し、
記念すべき21世紀のスタートの年にあたる2001年という時期により親しみのある
「下水道の日」とい名称に変更されたのでした。


日本各地で9月10日の前後1週間で、下水道事業者である地方公共団体による
催しが全国で開催されています。


国土交通省では、「いきいき下水道フェスティバル」を開催しています。